« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

新の~ら進捗

しばらくのご無沙汰でした。

前回、床ができたと大騒ぎしておりましたが、考えてみれば6部屋のうちの1部屋の、しかも下地ができただけで、まだまだ先は長かったのでした。。

ということで、がんがん進めております!!

Sany2998

2~3班に分かれてどんどん進めていきます。ほぞも自分たちで測って切ります。

続きを読む "新の~ら進捗"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

床だっ!

床張りつづきです。。

早くパネルを張ってしまわないとまた新たな事故が…ということで、本日は下地パネル張りです。

Sany2997

そのままの大きさで張れるのは2枚ほど。あとは測っては切る作業が続きます。メンバーがすっかり手慣れた様子で測り、パネルに線を引いて切っていきます。

続きを読む "床だっ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

床かっ!?

後ろ向きの作業がようやく一段落。出口の見えないしんどい日々でしたorz。

Sany2922

いよいよ床を作っていきます。一部屋目。新しい材木で、根太を入れる土台を作りました。

Sany2944_2 

ほぞを切った根太を1本1本入れていきます。

続きを読む "床かっ!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かき餅を吊しました

薄く切っておいたかき餅を吊していきました。

Sany2904

Sany2902

続きを読む "かき餅を吊しました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャガイモの種が到着

春に植えるジャガイモの種が到着しました。

これから明るい室内で芽出ししてから植え付けます。

新の~らの2階に当分使わない空き部屋があるので、今年はそちらをジャガイモ部屋にすることにしました。

Sany2931

こちらはメークイン。 既に少し芽が出かけています。

続きを読む "ジャガイモの種が到着"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

龍大生の皆さんと雪かきボランティア

龍谷大大学院の有志の皆さんから、一緒に雪かきを…とのボランティアのお申し出をいただきました。

山の方に行けばもっと雪深く困っておられるところもあるかと思いますが、時間も人数も限られていることから、近くのお寺でお手伝いさせていただきました。

Sany2925

続きを読む "龍大生の皆さんと雪かきボランティア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ床を張れるかな…?

雪かきその他の作業の合間を縫って、新の~らの改築を進めています。…といっても、まだ壊したり片付けたりといった段階なので、なかなか士気があがりませんでした。

Sany2819

Sany2889

そんな中、昨年もお世話になった田中棟梁に、アドバイスをいただくことができました。恐れ多くも「現代の名工」です。。。ご足労かけて本当に申し訳ありません…<(_ _;)>。

この調子でやればOKとのことで、ほっと一息。ときどきでも専門家に見ていただけると心強いですね~♪

続きを読む "そろそろ床を張れるかな…?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せっせと雪かき

久しぶりのお日さまです。

Dsc_0767

車の運転は大変だけど、こんな朝はきらきらの雪と青空のコントラストがとてもきれいです。

膝上ほどの雪との格闘を覚悟して出かけましたが、昨日の昼間よりかなり雪が減っています。どうやら近所のおじさんが機械で除雪してくださっていたようです(-人-)感謝。

Dsc_0770

おかげさまで1時間ほどで駐車スペースができたので、除雪機の入りにくい山の上のお宅や、お年寄りだけのお宅に雪かきのお手伝いに出かけました。

続きを読む "せっせと雪かき"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大雪

大雪のため、今日はの~らはお休みです。

また明日からよろしくお願いします。皆さまもどうかお気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大所帯でお餅つき

昨日は雪も小康状態。

「またですか」の声もちらほら聞こえる中、去年少々残念な結果に終わったかき餅づくりのリベンジをするため、餅つきを敢行いたしました(^^;。

今回は、の~らメンバーに加えて、大屋で基金訓練を受講されている皆さん、グループホーム・アネシスのお年寄り2名、さらには突然のお客さま3組が入り乱れ、大変賑やかな会になりました。

Sany2841

まずは囲炉裏端で寛いでいただきます。

続きを読む "大所帯でお餅つき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »